• movie_0
  • movie_1

2021.10.29 「おいしいおえかき SketchCook」サイトをリニューアル公開しました!

2018.05.18 「おいしいおえかき SketchCook」アプリを公開しました!

子どもたち
栄養は大丈夫?

家族で食卓を囲んだり、親子で料理する時間、つくれていますか?
3食を家で食べる機会が増えたことで、食事に対してより意識するようになったという人も多いはず。
おうち時間が増えている今こそ、食や栄養について親子で楽しく学ぶチャンスです。
お子さんと一緒に正しい食生活や栄養バランスについて家庭で学ぶ機会を積極的につくりましょう。

スケッチクックとは

「おえかき」を通して、
親子で楽しく
食や栄養のことを学べる食育アプリです。
GoogleのAIテクノロジーを活用し、楽天レシピの協力を得て大塚製薬が開発しました。
子どもが描いた
食べたいごはんの絵が、
いきいきとした
料理画像に大変身!
栄養バランスを考えたレシピと適切な食べ合わせを
提案する食育アプリで楽しく栄養を学べます。

栄養バランスを学ぼう

アプリで学ぶのはもちろん、普段の食卓からお子さんと栄養バランスについて楽しく話せるように、親としてぜひとも知っておきたい知識をご紹介します!

子どもたちが栄養について楽しく学ぶためには、
親のみなさんが食事と栄養のことを
もっと理解することが大切です。

毎日の食生活の中でどうしても気になるのが、子どもの栄養バランス。
でも、栄養について詳しくないし、具体的にどうすればいいのかよく分からない・・・という方も多いのではないでしょうか。普段からバランスよく食べる大切さをお子さんに伝えられるように、ご自身でも食や栄養についてしっかりと理解しておきたいものですよね。
ここでは、栄養バランスについて楽しく学べるコンテンツをご用意しました。
ぜひ日々の食生活やお子さんとの会話の中で活用してみてください。

1日の献立例

子どもたちにとってバランスのよい1日の献立例をご紹介します。

食の悩みあるある

子どもの食には悩みがたくさん。事例を見てみましょう。

子どものおやつの量に目安はありますか?
おやつは1日200kcal(キロカロリー)以内が目安とされています。スナック菓子やジュースをチョイスしてしまうとエネルギー量ばかりが増え、必要な栄養素が摂れなくなってしまうかもしれません。おやつには、3食の食事で摂りきれない栄養を補う役割があるので、エネルギー量だけでなく栄養価も考慮したおやつを与えるようにしましょう。また、子どもと楽しみながら一緒に手作りすると、食育にもなっていいですね。
食べ物の好き嫌いが多くて困っています。
子どもの好き嫌いは成長の一環ともいえるので、まずは見守ってあげることも大切です。
そのうえで、例えば調理法も変えてみるのはどうでしょうか。「かぼちゃ煮は嫌がったけれど、かぼちゃコロッケにしたら喜んで食べた」などの例がよくあります。また、おやつや飲み物を摂りすぎていて、いざ食事のときに全部食べられないというのが理由かもしれませんので、1日の生活習慣を振り返ることも大切です。
子どもの小食に悩んでいます。
親としては「栄養が足りていないのでは?」と心配することもあると思いますが、決して無理強いしないようにしましょう。量が食べられなければ大豆、卵、チーズなど栄養価の高い食品を意識して摂るのもおすすめです。(アレルギーにはご注意ください。)また食事に興味がないようなら、一緒に買い物に行ったり、調理している様子を見せたり、お手伝いを頼んだり、野菜を一緒に栽培するなど、食に興味が湧くようなことを試してみると、食育にもなっていいですね。